個人申込 団体専用ページ

高校生の皆様へ

TOP高校生の皆様へ

高校生活の3年間は、自立の準備をする時期にあります。
その時期にこそ、バランスの良い食事の知識を習得することが大切です。
自分自身で料理をつくるためには料検3級以上の合格を目指しましょう。

  • 高校生①

    おいしさをサイエンスする

    栄養とおいしさを考えた食事をつくるための
    必要な知識と技術の確認ができます。

  • 高校生②

    食生活をデザインする

    日常の食事や行事食など、食の歴史や文化
    について理解し、創造的な食生活を実践で
    きます。

  • 高校生③

    食生活と環境を考える

    食生活の安全と衛生、食べ物の生産や流
    通、環境へ配慮した食生活の在り方を考える
    ことができます。

試験内容

1~3級

一次試験(CBT)

CBT試験は3級以上を受験する方向けのコンピュータを利用した試験です。全国最大300か所あるテストセンターで受験できます。

二次試験(実技)

二次試験(実技)は3級以上で設けられている試験方式です。食材を切る、包丁技術を問う試験から実際に料理を作る試験を用意しております。特に「料理を作る」試験は料検の試験の特色でもあります。

1~3級の実技試験問題は事前に公表されます。必ず確認して練習しよう!

1~3級を合格された方々には新合格カードをお送り致します。

4・5級

IBT

IBT は4・5級を受験する方向けのインターネットを利用した試験です。
家庭料理の基礎が学べ、試験は自宅等でパソコン・タブレット・スマホなどを使用して気軽に受験できます。

4・5級を合格された方々にはデジタル合格証をお送り致します。

おすすめの受験級

領域

1級 準1級 2級 3級 4級 5級

高校生

     

 

試験方式

 

一次試験(CBT) IBT
二次試験(実技)

●=基礎固め =取得目標 =チャレンジ級

● 基礎固め

4級

習得しておきたい知識(一次試験)

目安

中学校までに学ぶ食の知識

高校生の取得目標

3級

習得しておきたい知識(一次試験) 習得しておきたい技術(二次試験)

目安

高校までに学ぶ食の知識 初歩的な包丁操作「切る」「むく」
基本的な単品料理

チャレンジ級

2級

習得しておきたい知識(一次試験) 習得しておきたい技術(二次試験)

目安

大学・短大・専門1年までに学ぶ食の専門知識 基本的な包丁技術「切る」「むく」
複数の食材を使った料理

各級の学習のポイント・試験日程・申込方法

おすすめの教材

購入はこちら
購入はこちら

購入はこちら
購入はこちら