個人申込 団体専用ページ

社会人の皆様へ

TOP社会人の皆様へ

健康な食生活は、
正しい食の知識と実践によって実現されます。
料検を通して、食に関わる理論やスキルを
基礎から応用まで学ぶことができます。

  • 社会人①

    食のエキスパートとして仕事
    に活きる知識・技能の向上に

    学校・医療・福祉・介護・飲食・販売・生
    産・流通などの様々な現場で求められる。
    スキルに対応する力を養います。スキルアップを目指している方にもお勧めです。

  • 社会人②

    食生活を見直し、
    健康的に生きるために

    食生活を見直すことで、新しい自分を発見
    できます。食を通じて健康で自分らしい生
    き方を目指しましょう。

  • 社会人③

    生涯学習として、
    食を学び直す

    目的に合わせてお好きな級から受験できま
    す。食の知識の再確認には4・5級、料理
    のスキル向上には3級以上がおすすめ
    です。伝統的な日本の食文化への理解を深め
    たい方にも最適です。

試験内容

1~3級

一次試験(CBT)

CBT試験は3級以上を受験する方向けのコンピュータを利用した試験です。全国最大300か所あるテストセンターで受験できます。

二次試験(実技)

二次試験(実技)は3級以上で設けられている試験方式です。食材を切る、包丁技術を問う試験から実際に料理を作る試験を用意しております。特に「料理を作る」試験は料検の試験の特色でもあります。

1~3級の実技試験問題は事前に公表されます。必ず確認して練習しよう!

1~3級を合格された方々には新合格カードをお送り致します。

4・5級

IBT

IBT は4・5級を受験する方向けのインターネットを利用した試験です。
家庭料理の基礎が学べ、試験は自宅等でパソコン・タブレット・スマホなどを使用して気軽に受験できます。

4・5級を合格された方々にはデジタル合格証をお送り致します。

目的別おすすめの受験級

領域

1級 準1級 2級 3級 4級 5級

食のエキスパートを目指す方

 

健康な食生活を目標にしている方

   

生涯学習として食を学びたい方

 

試験方式

 

一次試験(CBT) IBT
二次試験(実技)

●=基礎固め =取得目標 =チャレンジ級

各級試験レベルの目安(1~3級)

1級

習得しておきたい知識(一次試験) 習得しておきたい技能(二次試験)

目安

大学卒業までに学ぶ食の専門知識 高度な包丁技能「切る・むく・おろす」
指定された条件・材料・調理法を取り入れた和食1食分の献立料理

準1級

習得しておきたい知識(一次試験) 習得しておきたい技能(二次試験)

目安

大学・短大・専門2年までに学ぶ食の専門知識 各種の包丁技能「切る」「むく」、魚の下処理
ライフステージを考慮した日常の1食分の献立料理

2級

習得しておきたい知識(一次試験) 習得しておきたい技能(二次試験)

目安

大学・短大・専門1年までに学ぶ食の専門知識 基本的な包丁技能「切る」「むく」
複数の食材を使った料理

3級

習得しておきたい知識(一次試験) 習得しておきたい技能(二次試験)

目安

高校までに学ぶ食の知識 基本的な包丁技能「切る」「むく」
基本的な単品料理

各級試験レベルの目安(4・5級)

4級

習得しておきたい知識

目安

中学校までに学ぶ食の知識

5級

習得しておきたい知識

目安

小学校までに学ぶ食の知識

各級の学習のポイント・試験日程・申込方法

おすすめの教材

購入はこちら
購入はこちら
購入はこちら

購入はこちら